デイトレにおけるチャートの使い方 ④

下落の勢いでバンドTPも下抜けましたので、 ここで残り半分のポジションを決済します。 デイトレなので今度はドテン買いも意識した手法を取ります。 下に位置する青点線MAと各エンベローブは今後参考にします。 今回の趣旨は概ね再現されましたので以上とします。

続きを読む

デイトレにおけるチャートの使い方 ③

MAと34*3を同時に下抜けました。 21*1ラインより上で売ったのでここで手動で利確しました。 このブログを書いていなければ、半分利確していたかもしれません。 72.75円のポイントレートを抵抗線と判断して売っていた場合は、 半分利確します。34*3を超えた場合は様子を見て残りの半分を決済します。 ストップのレートについては各自の基準に任せます。 ポジションを残した場合、 …

続きを読む

デイトレにおけるチャートの使い方 ②

現在ローソク足の位置している流れ線から 次のトレード場を想像します。 基本的に流れ線は固定です。 今回は横向きと下向きの流れ線なので、 下向き線から何処で上に行くのかを想像します。 今回のケースであれば、一番注目するのは34*3です。

続きを読む

デイトレにおけるチャートの使い方 ①

今回のまかないFXは、デイトレにおける使い方の事例を紹介します。 インディケーターを参考に使います。 ターゲットを決めた指標とローソク足がぶつかるまで待ちます。 オージー円を事例とします。

続きを読む

オージー円反発の流れ線

オージー円が解り易いと記事にした。 トレンドラインからも週足W2とW6の交叉に到達した。 通常は抵抗となるはずだ。しかし、 月足m2でサポートされ、一気の戻りがm1まで 続いても何ら不思議は無い。 面白くなってきた。

続きを読む

脳梗塞21日目は節目第2段階

通貨安の流れの反動という観点から、 昨日の5時(17時)頃に節目の第1段階を向かえたと考え、 現在(5時)に節目の第2段階を向かえたと考えている。 今のところ第3段階までには時間を要すると考えている。 次の動きは来週になると思う。 今週は小刻みな動きを想像するが、それなりに今日は指標もあり、 上下動のチャンスもあると考えられるので、 指標前にポジションを作る作戦も有りだと思…

続きを読む